響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. BAR WORLD 響き
  3. さあ、お酒の仕入れだ。

さあ、お酒の仕入れだ。

内装はできたから、次はお酒の用意だ。

今回の投稿はお酒の紹介というよりは、自分の活動記録というか活動報告です。

アイラウイスキー3種

DSC00300

左から、

ボウモア・スモールバッチ
曲者揃いのアイラウイスキーの中では癖が少なく飲みやすいボウモア。今回はスモールバッチ(少量生産という意味らしい)ということで、少しコクがあったりスパイシーだったりしてちょっと嬉しい感じになるといいな、と期待。
ラフロイグ・クォーターカスク
夏のソーダ割りならこれ。蒸し暑い夏にアイラ島の涼しい風がそよぎます。
キルホーマン・マキヤーベイ
アイラ島では最後発、2005年に操業開始したキルホーマンのベーシックなボトル。ピートの香りと味わいの絶妙なバランスを楽しんで下さい。

過去の記事

ちょっとの間品切れになっていたキルホーマン、再入荷しました。 | 響き
彼等が言っていた「ピートの効いたウイスキーを自分たちの手で作りたいんだ」という思いは、現在のボトルでも既に実現しているのは確かで、マニアの楽しみを超えて本当にいいお酒をつくってくれたな、と思います。

参考リンク

ビール2種と美味しいトマトジュース:透明感のあるレッドアイを求めて

レッドアイにするならサッポロ赤星。そのままだとちょっと甘いって思う人もいると思いますが、副原料のキレ、フィルター処理なしの味わいがトマトジュースの濃い味に丁度バランス。もう1本は対照的に、ひたすら爽やかなハートランド。これも試してみます。

サッポロ赤星

サッポロ赤星

ハートランド

ハートランド

バニラリキュールを買ってみた

DSC00301

ジファール バニラ・ド・マダガスカル

シリーズもんでいっぱいあるリキュールってキリがないからあんまり買ったことないのですが、何か衝動買いしてみようと思ってビジュアル買いしてみました。

はるばるマダガスカルからようこそ!