響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. 身体
  3. 特集:姿勢改善と身体の使い方
    <第11回>姿勢改善とかO脚矯正は整体?カイロ?ヨガ?それより先に整形外科?結局は理学療法士?いろいろ探してみた
    4そーっと動かして気づきを得る系

特集:姿勢改善と身体の使い方
<第11回>姿勢改善とかO脚矯正は整体?カイロ?ヨガ?それより先に整形外科?結局は理学療法士?いろいろ探してみた
4そーっと動かして気づきを得る系

前回からの続き。

専門家の力を借りようという連載第11回は、整形外科系、保険効かない系、自分で動く系と来て今回が最後。「そーっと動かして気づきを得る」系のお話。

結局、ガチで効くのはこの系統だけ

気づき系は主に二つ。

話の都合上、一緒に並べてすみません。でもね、やり方は違ってもやろうとしてる事は同じだと思うんです。

それは、自分の身体についての誤解や思い込み、不必要な癖を修正していこうということ。いわば脳みその問題ですから修正するのに力は要りません。うまいこと手伝ってもらうって感じ。

一方、脳みそを修正することなしにいくら筋トレやストレッチしても原因はそのままですから効果が出にくいだろうし、出ても長続きしないです。無暗に運動で鍛えようとするとむしろ悪化する場合もある。と思います。

プロジェクトは頓挫というより発展的解消

専門家の力を借りようという今回のプロジェクトは、スポーツジムで歩けなかった事件で頓挫していますが、再開しなかったのはこの「気づき系」で行こうと思ったからでもあります。

ボディマッピング

私が出会ったのはこれ。アレクサンダーテクニークの先生になろうとする人のための本ではありますが、各種メソッドに入る前の基礎知識編という感じです。

DVDブック ボディ・マッピング: だれでも知っておきたい「からだ」のこと (DVD BOOK)
脳の中の〈体の地図〉があなたの動きを決めている! 悪い習慣や思い込みでゆがんだ地図が、体の故障や傷みを引き起こす原因となるのです。ゆがみの修正法と、心身の最高の能力を引き出すボディ・マップの作り方。

ボディ・マップは異なる領域をむすぶ共通言語になる

フェルデンクライスに関してはレッスンを受けたこともあります。当時は今ほど切羽詰まってなかったので、すごく変わったってとこまでいかなかったのですが、気づきはありました。というか、そうか動かして気付くってことか!って感じ。

で、この本ですよ。身体ってこうなってるんですよっていうのをDVDでずーっと語りかけてくれます。レッスンと違ってエクササイズはほとんどありませんが、じーっと聴いているうちに「え、そうだったの?」って思うことがいっぱいあって、モゾモゾと動かしたくなります。何をしてる時もしてない時もちょっと思い出して「あ!」って思ったりします。エクササイズが自然発生する。

DVDの語りを聴いてるだけで身体が軽くなるという不思議な本。

本書の内容についてはまた改めてご紹介する機会があると思います。

自分で「感じる」ことが前提

ただ、今回の連載のような試行錯誤してない時にこのDVDの語り聴いても理解できなかったと思います。エクササイズが自然発生しなかった。受け止める土壌ができてたというか、タイミングが良かったです。

どんな土壌だったか?改めて言葉にするとこんな感じ。

  1. まったく人任せの志向で言われた通り動かすだけでは身体は変わらなくて、感じ取って初めて身体は変わる。脳みその修正ですからね。
  2. 静止した状態より動きの中での方が身体は感じ取りやすい。
  3. 身体は矯正するより、自由にすることが大事

そう、私が求めているのは自由だったのです。正しい姿勢よりも、自由な身体。

施術やら医者やら行かなかったのもそれが理由な気がします。正しくしたかったんじゃないんです。自由になりたかったのです。

sasint / Pixabay

顎だけの特別編も

こちらはフェルデンクライスメソッド。顎と喉に関するエクササイズをCDで語りかけてくれます。敢えて画像で見せないのがポイント。

フェルデンクライスメソッド インテリジェントボディTMJ(顎関節)プログラムCD あごとのどのための6レッスン
このCDには特に顎関節症、頭蓋下顎障害、顔面痛…TMJ(顎関節)に起因する多くの疾患に悩む方々、さらに声楽家など、のどを大切にしたい方々にぜひ試してほしい“あご”と“のど”のための6つのレッスンを収録しました。

こちらも改めて触れる機会があると思います。

連載第11回は以上です。次回をお楽しみに!