響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. ボサノヴァ弾き語り
  3. ブラジルのリズム教則本のCDをBGMに

ブラジルのリズム教則本のCDをBGMに

ブラジル音楽のいろんなスタイルのサンプル

サンバ、ボサ・ノヴァ、パルチードアルト、ショーロ、バイヨン、フレヴォ、マルサランショ…

ブラジル音楽のいろんなスタイルのサンプルをバンド演奏で収めています。いろんなスタイルと言っても、作者や演者が違うとスタイルなのか個性なのかわかりにくいですが、これら教則本のCDでは統一したフォーマットでの比較ができるので大変分かりやすいです。

本の価格と思うと高いですが、オールインワンCDの値段と思えば納得じゃないでしょうか。

身体ができてきたから表現の幅を広げていこう

主にボサノバのギター弾き語りをやってきていますが、身体がしっかりしてきたおかげでリズムがブレにくくなってきました。それなら幅のある表現にチャレンジしていこうじゃないかということで昔買って未消化だった教則本のCDを改めて聞いて見ようと思います。

演奏がしっかりしてきた(表現できる身体)ということもさることながら、違いを受け止める身体ができてきたという面も大きいです。

いま聴き始めてるのはこれ。

ピアノ、ギター、ベース、ドラムスのための ブラジリアンリズムセクション 2CD付 | Nelson Faria, Cliff Korman, 井上 智, Sam Kawa
本書は、ベーシスト、ギタリスト、ピアニスト、ドラマーに、ブラジリアン・リズム・セクションのマスターたちと共演する機会を提供する、今までになかった驚異のブラジリアン・メソッドです!! 付属の2枚のCDには、ピアノ、ギター、ベース、ドラムスの各楽器ごとに模範演奏とマイナス・ワン・トラックが収録され、ソロと伴奏、両方の練習に完璧に機能します。 本書には、CDに収録された練習曲のチャートと、実際のプレイからトランスクライブした各楽器の演奏例をはじめ、100ページ以上にわたって貴重な情報を提供しています。 あなたがどんなレベルのミュージシャンであっても、ブラジル音楽に最も共通な8つのスタイル(サンバ、ボサ・ノヴァ、partido-alto、ショーロ、バイヨン、フレヴォ、marcha-rancho、afoxe)を学びながら、インスピレーションと上達への手引きを得ることができるでしょう。

こっちは本があるんだけどCDがどっかいった。どこー。

ブラジリアンミュージックワークショップ CD付 | 冨川 政嗣, Antonio Adolfo
ピアノ、キーボード、ギター、ベース、ドラムス、パーカッションなど、リズムセクションのために書かれた本格的ブラジリアン・ミュージックの指南書です。 本書は世界中で親しまれているブラジリアン・ミュージックのさまざまなスタイルを、その基本であるリズムセクション(ピアノ、キーボード、ギター、ベース、ドラムス、パーカッション)のために、各楽器の演奏法をわかりやすく解説した一冊です。 本書で紹介されるブラジリアン・ミュージック・スタイルは以下の通りです: (ブラジル東部から) サンバ、ボサ・ノヴァ、サンバ・ファンク&パルチード・アウト、 ショーロ、サンバ・カンサォンなど (ブラジル北東部から) バイアォン、トアーダ、ハスタ・ぺ、ショッチ、アフォシェ&マラカトゥ、フレーヴォ、マルシャ& マルシャ・ハンショなど すべてのスタイルにおいてそのハーモニー、リズム、フレージングの特徴をパターンや楽譜により解説。付属のCDのデモ演奏により本物のフィール、イントネーションを学習できます。また各スタイルにAdolfoがすばらしい曲を書き下ろし、熟練のブラジリアン・ミュージシャンたちによる演奏もCDに収められています。そして本書には数々の歴史的に貴重な写真も掲載されています。 既刊のブラジリアン・リズム・セクション(エー・ティー・エヌ刊)と併用してお使いいただけると、さらに効果的です。

他にはアメリカ人がやってるサンバ

ほとんどの場合は罪深いことになりますが、中には素敵なサプライズもあります。

長年うまくまとまらかった Tempo de Amor 。今は受け止められそうです。
どーーただたっただったーどたった なんて感じでタメを効かせてやってみてます。