響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. ボサノヴァ弾き語り
  3. 新しいギター買いました 2

新しいギター買いました 2

先に書いた別の原稿が出てきたので記録。

ずーっと迷ってたんです、ギター選び。

昨年の大片付けの一環でラミレスのエレガットを処分して以来、ライブで使うメインギターがなかったんです。

ホセ・ラミレス 2N-CWE | 響き
エレガットとしては最高級かも

普通に楽器屋に行ってサクッと買えるギターからステップアップするには、個人製作家のギターである「手工ギター」へ進むのがセオリーとなっております。もちろん、メーカーさんのギターだって手で作ってるんですよ。OEMの中国工場だからって機械で作ってるわけじゃありません。

いろいろ楽器屋に行っては弾かせてもらいました。半年に一度ある「しまむらギターフェスタ」にも。島村楽器さんにはこの場を借りて御礼申し上げます。

で、結局決められなかった。

ラミレスは私には弾きにくかったけど、音は良かった。あまりに良かった。ラミレスを超えるものがなかった。

運命のデモ演奏

そんな中、このYoutubeのデモ演奏聴いて、YA
MAHAのギターいいじゃんって思ったんですよね。まんまと気に入ったわけです。

このギターは表面板が杉のもの。YAMAHAの通常ラインナップとしては最高機種です(ただし受注生産)。もし現品があったら試奏だけでもできたら迷いがなくなるかなあと淡い期待を抱いて難波のYAMAHAへ。

そしたら、あったんですよ。表面板は松のもの。大雑把にいうと杉はフレンドリーでボサノバにも使いやすい。松は荘厳で格式が高い感じ。でも、気に入っちゃった。運命ですわ。

GCシリーズ – 概要
GC82S 受注生産品 2012年9月 発売 『GC82S』は、スペインの製作家サントス・エルミナンデスやドイツの製作家ハウザーⅠ世による音色を参考に、新しいサウンドを追求したモデルで、豊かな低音と明るい高音が特長で、抜群の遠達性を実現しています。

今だから分かる。クラシックって素敵。

ちなみに冒頭のYoutubeは「フリアフロリダ」という曲で、日本語では「舟唄」。

フリアフロリダ(舟歌) バリオス ギターソロ 楽譜をダウンロード / DLmarket
南米、中南米を中心に活躍したギタリスト、作曲家、バリオス(1885〜1944 パラグァイ)の作品です。  「花盛りのフリア」という意味で、バリオスがコスタリカで出会ったフリアという名の女性に捧げられた曲だそうで、舟歌のリズムにのって現れる美しい旋律の曲です

ボサノバギターをずっとやってきて、最近になってようやくクラシックギターの良さが分かってきました。こんな曲もやってみたいなあ。