響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. ボサノヴァ弾き語り
  3. 仙骨座りは不安定。坐骨で座ろう。

仙骨座りは不安定。坐骨で座ろう。

前回は両足を揃えて足台に乗せたらギターがグラグラせずに弾けたという話でした。

ギターと座り方と私〜身体に後ろ半分があった件〜 | 響き
両足を揃えて足台に乗せるとグルンと回らなくなった。取り敢えずこれでいってみようか。

しかし一体、これはどういう仕組みなんだろう。もうちょっと応用効くようにはしときたい。

帰ってもう一度、座り方についてググってみた。もう何度もやったけど再び調べてみよう。

仙骨座り

それで見つけたのがこの記事。坐骨で座るというのは知識としては知っていたが、仙骨で座っちゃう人がいるというのは知らんかった。

「仙骨座り」と「坐骨座り」 : 「毎日100%!」身体スッキリ生活 はるかのblog
椅子に腰かけている時にこんな姿勢になっている方いませんか?

あー、オレやん。これ、オレ。こんな風にズルッと座ってるか、テーブルに肘ついてるかのどっちかです。

【簡単体チェック】
仙骨座りの人は太腿の後ろの筋肉が縮んでいることが多いために、床で長座の姿勢を保てない方が多いです。ご自分の体をチェックしてみましょう。

あー、これやん。これ。そう、長座できないの。だからヨガ教室行けないのよ。

太腿の後ろの筋肉が「縮んでる」んじゃななくて「伸ばしたことない」ってことね。そうかー。道理で後ろに倒れちゃうわけだ。力学的に実際に仙骨で座ってるかどうかは分からないけど、「仙骨座り」というカテゴリーをつくることで見える化できてた。ありがとう。

仙骨座りだとギターがグラグラする仕組み

二つの坐骨で座らずに、真ん中の仙骨で座ってるとする。左右のバランスはお尻や腿の肉がクッションになってなんとか保ってる(ソファーだと弾きやすいです)。

ここでギターを構えるために右脚を上げるとお尻のクッションがなくなって、仙骨というピン1本で椅子に刺さってるみたいな体勢になる。この時にギターを右腕で押さえようとして少し左に押すと、ピンを軸にしてグルン!と回るしかない、というわけ。右脚が宙に浮いてる状態でギター乗せてた。放っておくと右に倒れるので一生懸命左に引っ張ってたみたい。それを左向きに押したらそりゃ回る。ふんばり効かない。

右脚を上げて座ってる図(前から見たとこ)

両足を揃えて足台に乗せるとお尻のクッションが一時的に復活してマシになったんだな。

後に分かることですが、ギター押す方向も違ってた。前に押してた。何故?後ろが無かったから!

というわけで次回に続く。