一眼レフ再び。機材が進化してた件。

投稿者: arata-hibiki 投稿日:

光を直に見たい!一眼レフ復活

フィルム時代は結構いいカメラ持ってたんです。デジタル時代になって、ミラーレスを何度か買い換えてましたが液晶ファインダーに馴染めず、あんまり写真は撮らなくなってたんですよ。画質にも操作にも満足できなかった。それと、基本パソコンかスマホみたいなもんだから、いろんなことできる代わりに仕事が遅い。

CDは音が悪い!やっぱりレコードがいい!っていうのとはちょっと違う。

ファインダー越しに光をじかに見つめたい。サクッと思い通りに撮りたい。

で、このたびようやく一眼レフ復活です。

マップカメラさんで取っ替え引っ替え

ヨドバシカメラさんで最初に買ったカメラを起点に、1ヶ月くらい、中古カメラ通販のマップカメラさんで売ったり買ったりテスト撮影とかを続けて行き着いたのがこちら。

APS-C最強と言われる ニコンD500 です。シャッターの音がたまらん。

D500 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング
D5同等の最高性能と進化した機動力を融合したDX最強モデル。ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD500。

センサーとファインダーこそAPS-Cサイズですが、そのほかはフラッグシップのD5とほぼ同じ。お値段は1/4という長く使える一台。

機材が進化してた

で、冒頭の写真です。わざわざ撮影に行ったんじゃないんですよ。ロードバイクで池田まで行った帰りに休憩がてら伊丹スカイパークに寄ったんです。で、その日付けっ放しの高倍率ズームで、トレーニングウエア着たまま手持ちでぺろっと撮った写真がこれ。マジか。

トリミングなし、jpeg撮って出しです。「作品」としては色々言うべきことはあるだろうけど、とにかくこんなのがサクッと撮れる。拡大するとパイロットが見えます。そう、あとは腕の問題だけww

レンズはこれ。お手頃ながらもシグマさんの気合が入った高倍率ズーム。シグマ18-300。

SIGMA(シグマ) 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary 実写レビュー | フォトヨドバシ
高倍率ズームレンズの代表格、その実力をご覧ください。

このボディとレンズの組み合わせで、秒間10コマで200連発の連写ができる。16分音符で12小節くらいの長さですよ。これがズームしながらビシビシピントが来る。

今年のカメラ業界は祭り

ところで、2018年、今年の秋はカメラ業界は祭りになってます。今までソニーの独壇場だったフルサイズミラーレスに遅れること数年、各社がようやくキャッチアップを始めたのです。しかも、というか当然というか新マウント。

キャノン、ニコンがほぼ同時にフルサイズミラーレス用の新マウントを発表し新製品も発売。一方でパナソニック、シグマ、ライカが共通マウントでフルサイズミラーレスを開発していくと発表。時代は大きくフルサイズミラーレスに移行中なのです。

ヨドバシさんの見事な撒き餌

ミラー付きの一眼レフ、それもAPS-C機を気持ちよく買える最後のチャンスかもしれないな…と思いつつ量販店に行ってみると、フルサイズミラーレス発売のショックで、一眼レフ中級機が突然のお買い得価格になってて買えちゃったんです。あとはカメラ沼、レンズ沼にズブズブとはまっていくだけ。

キャノンの50mmF1.8というレンズがあって、描写がいいのにすごく安い「撒き餌レンズ」なんて言われてますが、これはある意味本当だし、ある意味嘘です。なぜなら事実のほんの一部しか言ってないからです。本当の撒き餌は EOS kiss そのものなのです。今回の私の場合はそれを飛び越えてニコンの中級機が買えちゃったもんだから沼が深い。うーむ。

ちなみに、フォトヨドバシというサイトがありまして、作例写真が異様にハイクオリティです。カメラ買おうかなと思ってる人は一度ご覧ください。やばいです。


コメントを残す