響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. 身体
  3. 飲み込み力強化ギプス

飲み込み力強化ギプス

飲み込み力の強化と同時に、気道を確保し、鼻腔での共鳴により声もよくするという効果を期待して購入。

キープアップ< 簡単。入れてあふれ出る「だ液」を飲みこむだけで”手軽”に「ボイス・美肌・美顔・舌」トレーニング>
硬さによって、キープアップミディアム、キープアップスタート(軟、特に初めての方にお勧め♪。)、キープアップソフト(普通)の3種類

正しい飲み込み方って言われても

正しい飲み込み方は以前の記事でご紹介しました。

下記の2が正解です。

  1. 口をすぼめて飲み込む
  2. 上顎に付いている舌を使って咽に発射する
  3. あまり噛まずとにかく奥に送って流し込む(丸呑み)

と言われてもよく分かんないんですよね。で、矯正ギプスを買ってみることにしました。

イヤでも飲み込む

これ、上顎にくっつく部分の後ろ半分は実はヘラになっていて、舌を下に押し付けるようになってます。なので、唾を飲み込もうとするとどうしてもヘラ部分を上に押し上げないと飲み込めない。

口をすぼめて飲み込む癖のある人や、舌を突き出して口をすぼめて飲み込む癖のある人も、マウスピースで動きが制限されてしまうので、どうしても舌根を上に押し上げないと唾が飲み込めないんです。

取り敢えずの使用感

30分ほど装着したあと水を飲んだらすごい勢いで面白かったです。鼻の奥に水が逆流するかと思った(笑)。ということは、慢性上咽頭炎にも有効なはず。

上からは鼻うがい、下からは飲み込み養成ギプスで上咽頭を挟み撃ちです。

しばらく使ってみてまた気が向いたらレポートします。

リンクと関連記事

赤ちゃんが最初に据(す)わるのは、首であり、直立二足歩行の原点であり、その獲得には弛(たゆ)まなく繰り返される嚥下運動です。
キープアップ商品群は、その嚥下運動に順じた運動をサポートし、嚥下運動の再学習(リハビリ)に適しています。
最近舌のトレーニングが、注目されるようになってきました。「やっと」という感じがしています。

慢性上咽頭炎というダークホース | 響き
飲み込みと姿勢の関係や、最近始めた発声の研究をしていてたまたま鼻炎っぽい本が出てきて気になって読んでみたという感じです