弦の張力比較 〜ハナバッハの弦〜

投稿者: arata 投稿日:

現代ギターの実測データを用いて各種弦の張力を比較していきます。
今回はハナバッハの代表的なセット弦について。

対象とする弦

比較するのはハナバッハのセット弦のうち、入手しやすいと思われる7種。

  • シルバーシリーズ(赤、青、黒、緑、黄)
  • シルバー200シリーズ(ミディアムハイ、ミディアムロー)

張力データ

出典:現代ギター2018.12月号(No.662)

訂正:スーパーハイ(赤)の4弦の張力を当初8.2としておりましたが、8.1の間違いでした。お詫び申し上げます。また、グラフは他社弦の記事と目盛りを合わせたものに変えました。考察内容に変更はありません。

シルバーシリーズ5種の比較

まず、最も入手しやすいと思われる5種の比較。

1,2,3弦にはほぼ差がなく、低音弦でテンションに差をつけていることが分かります。また、テンションが違う場合でも、4,5,6弦の相対的な関係は「こういうもんだ」というハナバッハの思想が守られていることが分かります。

高音弦についてもう少し詳しくみると、ミディアム黒とスーパーロー黄色が事実上同じであるのに対し、ミディアムロー緑は若干テンションが高く、緑は高音弦と低音弦のバランスをフラットにしたセットであることが分かります。最も使い勝手のいいミディアムなテンションの範囲で品揃えを厚くしているあたり、メーカーとしての良心が感じられます。

赤の2弦がなぜかテンションが低いのは個体差あるいは測定誤差、または誤植だと思います。

シルバー200シリーズのテンション

若干マニアックなシルバー200シリーズは、一般的なシルバーシリーズに比べて若干癖のあるテンションバランスとなっています。シルバーシリーズとは設計思想が違う感じがします。

細かくみると、先に挙げたシルバーシリーズ5種では2弦より3弦のテンションが低いのに対して、シルバー200シリーズではノーマルテンション、ハイテンション共に、2弦と3弦のテンションが同じくらい(若干高く)なっています。つまり、

  • シルバーシリーズは3弦が一番柔らかい伝統的なセット
  • シルバー200シリーズは2弦より3弦のテンションが若干高いやや現代的な(?)セット

ということができます。

これは3弦が柔らかすぎるのを変えたくて3弦だけ別の弦にする人がいることに対応したセットで、サバレスのクリエーションシリーズ(3弦だけアリアンス)のセットと同じ設計思想だと思われますが、サバレスは2弦より3弦のテンションを積極的に高くしてあるので、ハナバッハのこのシリーズはセッティングとしてはややマイルドです。


0件のコメント

コメントを残す