響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. ボサノヴァ弾き語り
  3. 弦の張力比較 〜オーガスチンの弦〜

弦の張力比較 〜オーガスチンの弦〜

対象とする弦

  • 青、赤、黒の基本3セット
  • インペリアル、リーガルは代表的なセット

なお、公式サイトによればパラゴン・フロロカーボン高音弦というのがあるようだが、今回はデータがないので対象外となった。

張力データ

出典:現代ギター2018.12月号(No.662)

基本3セットの比較

最も代表的なセットである青、赤、黒は高音弦が全く同じ数値で、低音弦でテンションの差をつけている。

従って、3つの中からどれを選ぶかはテンションの高い低いではなく、高音弦と低音弦のバランスが違うということに留意すべきである。

また、他社の基本セットと違い、2弦より3弦のテンションが高い。

なお、黒はそのままでは6弦のテンションが弱くなりすぎるためか、6弦は赤と同じものがセットされている。つまり、赤と黒で違うのは4弦と5弦だけだ。

インペリアル、リーガル

1,2,3弦を「インペリアル」あるいは「リーガル」にしたセットも存在する。それぞれに低音弦が青、赤、黒のセットがある。金はインペリアルのみ。

ここでは赤を基準にインペリアル金とリーガル青について示した。

どちらも、高音弦は基本セットと違い2弦より3弦のテンションが低いトラディショナルな構成となっている。

インペリアル金のセットはテンションの凸凹が大きいのが特徴であるため、使う人を選ぶ弦と言えそうだ。

オーガスチンの商品構成

オーガスチンのセット弦は、高音弦が「材質違い」で、基本・インペリアル・リーガルの3種類、低音弦は「テンション違い」で青・赤・黒の3種類の組み合わせ9種類のセットが販売されており、さらにインペリアルのみ金という低音弦をセットにしたものを加えて合計10種類が販売されている。

これをシンプルで明快と見るか粗いと見るかは使う人によるだろう。

繰り返しになるが、オーガスチンに関してはセットの違いはテンション違いで選ぶのではなく、高音弦と低音弦のバランスを主軸に選択すべきだ。

一方、オーガスチンはバラ弦が非常に入手しやすいのも特徴であるので必ずしもセット買いにこだわらなくてもいいのかもしれない。今回の数値データを見る限り、メーカーもそのように考えている節がある。