弦の張力比較 〜ダダリオ・プロアルテ〜 訂正版

投稿者: arata 投稿日:

プロアルテに関しては一度記事をアップしましたが、データ移植が大幅に間違っており、当該記事は非公開にするとともに、本記事をアップしています。本当にごめんなさい。

対象弦と張力データ

プロアルテの標準セットであるEJシリーズ、コーティング弦EXPシリーズ、コンポジット弦EJ-Cシリーズを対象に比較した。データの出典である現代ギター誌には他に、チタニウム弦、カーボン弦、スチューデントモデルについても記載があったが今回は割愛した。

出典:現代ギター2018.12月号(No.662)

EJシリーズ

まず、通常ラインであるEJシリーズを比較してみる。ハード(青)、ノーマル(赤)、ライト(橙)で基本的なテンションのバリエーションを作っている。

3つに共通しているのは、
・3弦のテンションは2弦より気持ち高い
・4弦より5弦のテンションが高く6弦は両者より低い

ということで、これがダダリオの考える基本のテンションバランスなのだろう。

「エクストラハード」(紫)は低音弦が若干イレギュラーに見えるが(個体差かも)ハードとほぼ同じとみれば、どちらかというと高音弦をよりハイテンションにしたセットということができる。というか、これを作り分けてることに頭が下がります。

その他のシリーズ「ノーマル」テンション

シリーズ違いの「ノーマル」セット3種を比較してみる。また比較のため、EJ43ライトも記載した。

コーティング弦であるEXP45(銀)とコンポジット弦であるEJ45C(緑)は4弦より5弦のテンションが低く、6弦は両者よりもやや高くなっており、先に述べたEJシリーズとは対象的だ。また、「ノーマル」テンションであるにも関わらず5弦に関してはライト(橙)と同程度か低くなっている。明らかに設計思想が違う。

ということで、コーティング弦EXP45は「EJ45ノーマルにコーティングを施しただけ」のセットではない。

EJ45CコンポジットはEJ45に対して数値的には1,3弦以外のテンションが低くなっており、セットの中では相対的に3弦のテンションが高めのバランスになっている。

その他のシリーズ「ハイ」テンション

同様にシリーズ違いで「ハード」3セットについて比較した。

「ノーマル」の時と違い、EJに比べてコーティング弦EXPのテンションバランスはほぼ同じ、6弦のみ固め(5弦と同じ)となっている。

また、コンポジット弦EJ46Cは積極的に3弦のテンションを上げた形になっている。また、色が隠れているがEXP同様、6弦は5弦と同じ張力である。

コンポジットの3弦以外は「ほぼ同じテンションで選べる3セット」と見ていいだろう。

もう一度全体を振り返ると、EXP及びEJ-Cの4種と、EJのハード、エクストラハードあたりは、低音弦のテンションバランスがフラットな弦といってもいいかもしれない。これがダダリオの考えるもう一つのバランスというわけだ。6弦をハードにしたいけど5弦はハードになりすぎないようにしてある、と見ることもできる。

反省の辞

当初記事では間違ったデータ移植をしたまま見当違いの考察をした上、「なんだかよく分からん感じのセットもあるが色々歴史があるんでしょう」みたいな偉そうな総括まで書いていました。お恥ずかしい限りです。ダダリオさんごめんなさい。

また、アップされていた4時間の間に記事を読んでくれた皆さんごめんなさい。

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す