響き

BARとボサノヴァ、ローカルな旅、響きあう時間

  1. TOP
  2. ボサノヴァ弾き語り
  3. 犯人はコイツDEATH!

犯人はコイツDEATH!

肘痛の犯人がわかりました。こいつです。

ジョアン頻出ツーファイブ

冒頭の図、ちょっと字が汚くてすいません。
Eに解決するツーファイブ。
普通に

F#m7→B7(b9)→E△7

と弾けば何ということはない普通のコード進行ですが、
そこはほら、ジョアントリビュートでしたから。

F#m7は5度ルートのF#m7/C#にした上で7thの音はにごりを避けて2弦に移動。
B7(b9)は13thを加えた上でb9の音をルートにして!B7(13)/C。
書き直すと、

F#m7/C#→B7(13)/C→E△7

慣れてなかったら見なかったことにするやつ。

ぜひ6弦ルートで

これ、フレットを5つずらしたら6弦ルートでもっと簡単に弾けるんですよ。

#Fm7は9thを入れたほうがよく見るやつになるかもしれません。
また、B7は13を入れずにルートだけb9にすると見た目Cdim7にもなります。

まあとにかく、

IIm7→V7(b9)→I

IIm7/5→V7(13)/b9→I

に置き換えるのはジョアンジルベルト頻出コード進行DEATH!
…ってポイントはそこじゃないですね。

次から弾くときは6弦ルートにしよう。あー、無理しなきゃよかった。
それと、キー決める時はツーファイブにうまく開放弦使うことも考えよう。